熱中症からカラダを守ろう

近年、増加している熱中症。日常に潜む危険や救急処置など
正しい知識を身につけて、暑い季節も安全に過ごしましょう。

環境や社会の変化にともない、近年ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症。
熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れない
梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内で過ごしている時にも
みられます。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、
正しい知識があれば予防することができます。熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。

監修:京都府立医科大学 名誉教授 森本 武利 先生